中小企業の資金調達

昨年10月末に中小企業の資金調達のために開始された緊急保証制度ですが、2ヶ月経った現在、当初の予定とは全く異なる使われ方をしていることが見受けられます。ここでは、緊急保証制度を検討しているが、まだ申請していない中小企業経営者の方々に、この制度を最大限に活用していただくために、緊急保証制度の動向を紹介したいと思います。緊急保証制度(セーフティネット保証制度)とは、簡単に言えば、中小企業が金融機関から借り入れた資金の返済を、地域の融資保証協会を通じて政府が保証する制度です。企業が倒産などで返済できなくなっても、保証協会が100%保証してくれるので、金融機関の融資がしやすくなります。昨年12月3日時点で43,769件の申し込みがあり、保証総額は18億3,000万円にのぼります。現地オフィスには申請者の長蛇の列ができており、週末にも現地オフィスは混雑しているとのこと。ある中小企業経営者によると、地方自治体の中には、「プライバシーを無視して」同じ会議室で7社程度の企業に同時にヒアリングを行うところもあるという。申し込みが殺到しているのが実情で、こうした中小企業にも融資が可能になれば、一息つける企業が増えるのではないかと考えてしまう。しかし、状況は多少異なります。信用保証協会に切り替えてからは、状況が一変しました」と、ある中小企業の経営者は語る。天井いっぱいの800万円を申請しました。やっと保証協会の決定が出たと喜んだのも束の間、なんと80万円という答えが返ってきました。要求された金額の100分の1しか承認されなかった。確かに経営状態は良くありませんが、赤字でも債務超過でもありません。文句を言いたくなる気持ちもわかります。私たちはあまりにも長い間待っていたので、これは時間と労力の無駄です。この中小企業に限らず、そもそも少額しか保証されていなかったり、保証を断られた企業も多い。保証件数は増えていますが、本当に優良な企業に限られています」と関係者は語る。第2次補正予算では、借り入れがさらにしやすくなります。保証協会の審査が厳しくなった背景には、先に述べたように、1988年に導入された中小企業の財務安定性を確保するための特別なスキームのトラウマがある。この制度では、多くの保証協会が適切な監査を行わずに右から左へと企業を保証していたため、存在しない企業を保証したり、財務データを改ざんした企業を保証したりするケースが多発し、多くの批判を浴びました。そのため、今回は非常に神経質になっており、厳しい監査を行っています。その結果、真面目な中小企業が応募できなくなり、制度の目的が果たせなくなります。しかし、このような姿勢は今後徐々に変化していくことが予想されます。年明けから審議されている第2次補正予算では、保証限度額が6兆円から20兆円に引き上げられ、一部の地方自治体では国とは別に保証協会への補助金を出す動きが出ています。これは、一部の地方自治体が国とは別に保証協会に補助金を出しているケースが増えているためです。この開発が加速すれば、審査が緩和されることが期待されます。ギャランティの申請を検討されている方で、まだ満足のいく回答が得られていない方は、あきらめないでください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です